真宗カウンセリング
Dharma Based Person Centered Approach

 

現代人の苦悩は、ますます多様化・複雑化する一方です。
その悩みに応えようとする心理療法・カウンセリングと、2500年の伝統を持つ「抜苦与楽」の教え・叡智の集積である仏教、浄土真宗。今、両者の交流と統合が求められています。

 真宗カウンセリングは、その提唱者である故西光義敞先生によれば、「浄土真宗に生かされている者が、心の問題を抱えている人との直接的ふれあいを通してその人を援助する実践」であり、「対人援助という側面から、実践的に真宗とカウンセリングを統合しようとする試み」です。

またそれは、C.R.ロジャースが示した「人間尊重の人間関係づくり(Person Centered Approach)」
の立場を最大限に尊重し、受け入れながらも、人間ではなく、人と人との関係の根底にある法(Dharma)を中心とするカウンセリングです。

 真宗カウンセリングは、京都の真宗カウンセリング研究会を中心に活動を続け、2011年で50周年を迎えました。広島では、2002年に有志僧侶を中心として広島真宗カウンセリング学習会が結成され、年に1〜2度、1泊2日の体験学習会を行ってきました。

2004年にはその参加者が中心となって「みみずくの会」が発足、毎月集まってミニカウンセリングの実習を行っています。また、2007年からは京都の真宗カウンセリング研究会と共催で、時間も2泊3日に拡大し、規模も全国に広げて真宗カウンセリングワークショップを行っています。ワークショップの輪は全国に広がり、現在は東京・京都・金沢・福岡でも行われています。

※参考 西光義敞「ビハーラ活動と真宗カウンセリング」
                  (『ビハーラ活動−仏教徒医療と福祉のチームワーク−』1993年) 
 2018年広島で参加できる真宗カウンセリング 
みみずくの会(ミニカウンセリング)毎月1回 
1日ワークショップ(フォーカシング・サンガ)6月・12月 
真宗カウンセリングワークショップ(エンカウンターグループ)3日間・7月 
 活動記録  
 読みもの 
 真宗カウンセリング研究会(京都)のHPへ)  プリント用(2018年度・PDF・4頁)
みみずくの会(ミニカウンセリング)・毎月1回 
 「カウンセリング学習は、実習をくりかえさなければ身につかない。」(西光義敞『暮らしの中のカウンセリング』)と西光先生は書かれています。私たちは経験を通じて学ぶために、ミニカウンセリングの実習を毎月1回行っています。

ミニカウンセリングとは、野球にたとえると、カウンセリングが試合、ミニカウンセリングはキャッチボール、つまり基礎練習になります。気持ちの「聞き方(入力)」と気持ちの「表現の仕方(出力)」の基礎練習です。

参加者が2人1組でカウンセラー(聞き役)、クライエント(話し役)となり、1回15分ずつ行い、この体験をもとに話し合い学習していきます。

学習には、15分の録音を逐語録にしたものを用います。この基礎練習をしていけば、カウンセリングについて一応のことは学べることになっています。

関心を持たれる方なら、どなたでも御参加いただけますが、現在精神医療的援助や心理療法、カウンセリングを受けている方は、担当の医師や、カウンセラーの承諾を得た上で、お申し込み下さい。
【日時】 毎月1回 10 時〜14 時(昼食は各自でご準備下さい。)
【場所】 広島別院(変更の場合があります)
【参加費】 500 円(昼食は各自で持参) 
【主催・お問い合わせ】  広実智子( ひろざねともこ・みみずくの会世話人 )082-879-9482 FAX 082-962-0245 

【3月 特別講座】
コミュニケーションセミナー 「観察から本当の心に気づく」

  日 時 3月22日(金)10時〜14時
  場 所 広島別院(〒730-0801 広島市中区寺町1-19  TEL 082-231-0302
  講 師 古澤 誠 先生(全米NPL 協会公認マスタープラティクショナー
                 リビングカルチャー倶楽部講師)
  参加費 500円
2019年 1日ワークショップ(フォーカシング・サンガ) 6月・12月
  
 臨床心理学者ユージン・ジェンドリン(1926−)は、「〈感じ〉は未だ言葉にならないようないろいろな意味を含んでいる」といいます。私たちが漠然と感じている身体的な「感じ」は、実は大切な意味を含んでいて、それが語ろうとしている意味にうまく気づいてゆくと、私たちは今よりも深く豊かに変わってゆくことができるといいます。

 フォーカシングとは、その「感じ(身体の感覚)」を通じて心の声を聞く心理療法です。その「 感じ」 を明確化する過程を通して、自己の内面に存在する言語化・概念化が困難な心の動きに焦点を当て、クライエント(相談者)の自己理解を援助します。

 仏法の学びにおいても同様、私たちは、頭では分かったつもりでいるけれども、実生活のところでは、実感としてしっくり来ない、すっきしりないということがあるのではないでしょうか。フォーカシングは、頭だけではない、仏法でいうところの身心一如の学びであると言えます。

 関心を持たれる方なら、どなたでも御参加いただけますが、現在精神医療的援助や心理療法、カウンセリングを受けている方は、担当の医師や、カウンセラーの承諾を得た上で、お申し込み下さい。

【日時】 2019年 7月 22日(月)9時30分〜16時30分(昼食は各自)
【場所】 広島別院第2研修室
【参加費】 9, 000円
      ※真宗カウンセリング研究会・みみずくの会会員・学生は8, 000円 
【主催・お問い合わせ・参加申込み】 岩崎智寧(広島真宗カウンセリング学習会事務局)
      090-3372-2867
【講師紹介】
土江正司 先生 島根県松江市生まれ。島根大学大学院修了。インド・西ベンガル州のパタンジャリ・ヨーガ・インスティチュートに学び、以後、現在までヨーガ指導に携わる。2000 年より心身教育研究所を開設。カウンセリングおよびフォーカシングや呼吸法を取り入れた心身セラピーを行なっている。また島根県内の小・中学校・高校のスクールカウンセラーを務めている。インド政府公認ヨーガ教師、浄土宗僧侶、楽健法師範、臨床心理士、フォーカシング・インスティチュート認定トレーナー。松江市在住。
著書
『こころの天気を感じてごらん』( コスモス・ライブラリー) 『甘えとストレス』(ブックトリップ)
【日時】 2017年 12月9日(月) 9時30分〜16時30分(昼食は各自)
【場所】 広島別院第2研修室(予定)
【参加費】 9, 000円
      ※真宗カウンセリング研究会・みみずくの会会員・学生は8, 000円 
【主催・お問い合わせ・参加申込み】 岩崎智寧(広島真宗カウンセリング学習会事務局
      090-3372-2867
【講師紹介】
土江正司 先生 島根県松江市生まれ。島根大学大学院修了。インド・西ベンガル州のパタンジャリ・ヨーガ・インスティチュートに学び、以後、現在までヨーガ指導に携わる。2000 年より心身教育研究所を開設。カウンセリングおよびフォーカシングや呼吸法を取り入れた心身セラピーを行なっている。また島根県内の小・中学校・高校のスクールカウンセラーを務めている。インド政府公認ヨーガ教師、浄土宗僧侶、楽健法師範、臨床心理士、フォーカシング・インスティチュート認定トレーナー。松江市在住。
著書
『こころの天気を感じてごらん』( コスモス・ライブラリー) 『甘えとストレス』(ブックトリップ)
 2019年 真宗カウンセリングワークショップ(エンカウンターグループ)
 真宗カウンセリングワークショップは、法(南無阿弥陀仏)を根底においた人間中心のアプローチによるエンカウンター(出会い)グループです。このグループは、今、ここの人格的交流によって、新たな、自己との他者との法との出会いを実現していきます。

 具体的には、生きる上でのそれぞれの問題や苦しみや生きがいを、あるいは、真宗(南無阿弥陀仏)に関わる疑問や悩みや喜びを、今、ここに湧き出るままに語り合い、聞き合い、理解し合って、心の触れ合いを展開していきます。

 真宗とカウンセリングに深く学んでいる世話人も、グループのメンバーとして参加します。特に、今回は、これまでの参加者が新たに世話人として加わり、共にさらなる一歩を踏み出してまいりたいと願っています。

 しかし、その根底に流れるものは従来の集いを踏襲し、一般の真宗の説法法座の枠組みを破るとともに、心理的な触れ合いや気づきを超えたグループを目指しております。皆様との出会いを楽しみにしております。 合掌
 
                 ※宿泊費や参加費も安くなり、参加しやすくなりました。 
【日時】 7月11日(水)13時30分開始(13時受付)〜7月13日(金)15時終了  
【場所】 天然温泉・クアハウス 神田山荘〒732-0068 
広島市東区牛田新町1丁目16−1082-228-7311JR
      
※広島駅新幹線口より12時35分に送迎バスあり。
【定員】   16名(8名に達しない場合は中止。)  
【〆切】 8月12日(月)もしくは定員になり次第 
【参加資格】 関心を持たれる方なら、どなたでもご参加いただけますが、時間をかけてメンバーでグループを創造 していくので、基本的に3日間参加可能な方。また、現在精神医療的援助や、心理療法等を受けている方は、担当医師やカウンセラーの承諾の上で、お申し込みください。
【世話人】   増井 信(真宗カウンセリング研究会事務局長)
岩崎智寧(真宗カウンセリング研究会会員・広島カウンセリング学習会事務局)
西光義秀(真宗カウンセリング研究会会員)
【アドバイザー】 松岡宗淳(真宗カウンセリング研究会代表)
【研修費】  17,000円(学生・真宗カウンセリング研究会・みみずくの会会員は15,000円)
【宿泊食事代】  19,400円(2泊・6食・研修パック利用)
※参加者が10名に満たない場合は研修パックが利用できません。宿泊食事代変更の場合 は連絡します。
【主催】 
【共催】
真宗カウンセリング研究会 
みみずくの会・広島真宗カウンセリング学習会 
【お問い合わせ・お申し込み】  
  広実智子(ひろざね ともこ)
〒731-0152 広島市安佐南区毘沙門台1-17-4 082-879-9482 FAX 082-962-0245
FAXかハガキで、@郵便番号A住所B氏名C電話番号D性別を記入の上、お願いします。お問い合わせは、電話でお願いします。 

活動記録

□2016年12月フォーカシング・サンガ(1日)広島DPA 於広島別院
□2016年8月真宗カウンセリングワークショップ(エンカウンターグループ・2泊3日)
 みみずくの会・真カ研 於アステールプラザ
□2016年6月フォーカシング・サンガ(1日)広島DPA 於広島別院
□2015年12月フォーカシング・サンガ(1日)広島DPA 於南区法光寺
□2015年8月真宗カウンセリングワークショップ(エンカウンターグループ・2泊3日)
 みみずくの会・真カ研 於神田山荘
□2015年6月フォーカシング・サンガ(1日)広島DPA 於南区法光寺


□2014年12月フォーカシング・サンガ(1日)広島DPA 於広島別院
 

□2014年8月真宗カウンセリングワークショップ(エンカウンターグループ・2泊3日)
 みみずくの会・真カ研 於神田山荘


□2014年2月フォーカシング・サンガ(1日)広島DPA 於広島別院

□2013年8月真宗カウンセリングワークショップ(エンカウンターグループ・2泊3日)
 みみずくの会・真宗カ研 於神田山荘


□2013年4月フォーカシングワークショップ(2泊3日)広島DPA 於神田山荘

□2012年8月真宗カウンセリングワ−クショップ(2泊3日)みみずくの会・真カ研 於神田山荘

□2012年3月真宗カウンセリングワークショップ(2泊3日)みみずくの会・真カ研 於アリカディアビレッジ

□2011年8月真宗カウンセリングワークショップ(2泊3日)みみずくの会・真カ研 於宮島コーラルホテル

□2011年7月学習会 心のつらい方にどう接するか−ケアと浄土真宗−
 
講演会とワーク 長倉伯博先生 「悩める方々とともに−ビハーラ活動で学んだこと−」 於広島別院

□2011年3月真宗カウンセリングワークショップ(2泊3日)みみずくの会・真カ研

□2010年8月真宗カウンセリングワークショップ
(2泊3日)みみずくの会・真カ研

□2010年7月 1日ワークショップ 
広島真カ学 於呉市西教寺蔵本通支坊

□2009年12月 1日ワークショップ 
広島真カ学於 広島市南区法光寺


□2009年3月真宗カウンセリングワークショップ
(2泊3日)みみずくの会・真カ研 見る・印刷する(PDF)

□2008年7月真宗カウンセリングワークショップ(2泊3日)広島真カ学・真カ研 見る・印刷する(PDF436KB)

□2007年7月第7回学習会・みみずくの会(1泊2日) 見る・印刷する(PDF262KB)
 講演会 増井信先生 「私の考える実践的真宗法座論」

□2006年6月第6回学習会・みみずくの会(1泊2日) 見る・印刷する(PDF352KB) 
 講演会 松岡宗淳先生「真宗カウンセリングによる新しい法座」 

□2005年6月第5回学習会(1泊2日) 見る・印刷する(PDF516KB)
 講演会 松岡宗淳先生「真宗カウンセリングのプロセス−これからの伝道とカウンセリング−」  

□2004年9月第4回学習会(1泊2日) 見る・印刷する(PDF299KB)
 講演会 松岡宗淳先生「真宗カウンセリングをお寺でどう生かすか」

2004年3月第3回学習会(1泊2日) 見るだけ(PDF35KB)印刷する(PDF891KB)
 講演会 西光義敞先生→松岡宗純先生「真宗とカウンセリング」

□2003年9月第2回学習会(1泊2日) 見るだけ(PDF34KB) 印刷する(PDF1280KB)
 講演会 西光義敞先生→松岡宗純先生「真宗とカウンセリング」

□2003年1月第1回学習会(1泊2日)於呉ステーションホテル ご案内決算報告 

□2002年8月カウンセリング講習会 於西教寺蔵本通支坊 講師西光義敞先生

 読みもの〈目次〉
 ・「今・ここ」を聞く−真宗カウンセリングJ−(『寳章』40号 2016年6月)

・「居所を聞く」−真宗カウンセリングI−(『寳章』39号 2015年6月)

・「信心はめざめかおまかせか」(甘露の会発表レジュメ2014年6月)

・「真実心」と「自己一致」−真宗カウンセリングH−(『寳章』38号 2014年6月)

・「念仏を感じる−真宗カウンセリングG−」(『寳章』37号 2013年6月)

・「よき人と援助者−真宗カウンセリングF−」(『寳章』36号 2012年6月)

・「共に感じる−真宗カウンセリングD−」(『寳章』34号 2010年6月)

・「親鸞聖人のアサーション―真宗カウンセリングC―」(『寳章』33号 2009年6月)
  •     

    


目次へ
トップへ

COPYRIGHTS()灰峰山西教寺 ※このホームページの記事・写真の無断転載を禁止じます。